ペットの口臭にお悩みの飼い主のみなさん。ペットの口臭は内臓疾患によるものもありますが、最近は「歯周病」を原因とすることが多いようです。 このようなペットの口の中をのぞいて見ると、きっと薄黄色のかたいものが歯の周りに付いていたり、奥歯などを覆っています。これが「歯周病」の原因となる歯垢(歯石)です。このような場合、歯垢を取り除いたり、歯周病の治療を始めることによってこれまでひどかったペットの口臭が劇的に改善されます。
 歯石を作るもととなる歯垢は細菌のかたまりからなる柔らかく粘着性のある物質ですが、時間の経過とともに石灰化し硬い沈着物(歯石)となります。いちどついた歯垢は新たな歯垢の付着を促進し、どんどん大きくなっていき、歯の周りの歯ぐきを刺激し、「歯肉炎」を引き起こします。
 歯肉炎は歯の痛みを伴うとともに、進行すると歯が抜け落ちてしまいます。また「歯周病」由来の細菌は、血流に乗って全身に運ばれ、腎臓や心臓の細胞組織に炎症を起こすこともあります。
 「歯周病」の予防には歯磨きが一番です。ペット用の歯ブラシや歯磨き粉をはじめ、歯石を溶解するスプレーなども販売されています。

 ペットの「口臭」は、気になり始めたら治療の時期です。早めにご来院のうえご相談ください。
 
     
 
 
 犬用の歯ブラシと歯磨きペースト    猫用の歯ブラシと歯磨きペースト
  
歯石除去スプレー